前へ
次へ

営業求人は転職向きです

転職は年々ン難しくなっていると言われています。
それくらい転職はツライものですが、こうした転職を簡単に

more

転職者向け求人情報に多い営業求人

転職のために求人情報を探すと、営業求人の多さが目につきます。
事務などよりも、営業の募集がずっと多いで

more

営業求人で一発逆転の転職をする

転職に失敗しているといった人はいませんか。
転職もなかなかコツを掴まないと難しいものです。
特に仕事探し

more

転職で営業求人の面接の合格・不合格フラグは

転職活動において面接の回数は就職活動よりも少ないことがほとんどです。
中小企業であれば1回で決まることが多く、大企業であれば2回ないしは3回で決まることが多くなります。
営業求人に応募したということであれば、面接官を顧客だと認識して、営業活動を行うシミュレーションとして利用することができますので、営業における実力を図ることが面接で可能です。
キャリアが浅い人であっても、面接によってどういう営業活動で必要な要素を測定することができますので、営業求人に応募するだけのポテンシャルを図ることができるでしょう。
面接を受けてみて感触が良かったとしても、不合格通知が来ることがありますし、その逆の感触が悪かったとしても、合格通知が来ることがあります。
ただ、一般的には面接において面接官が合格フラグもしくは不合格フラグを無意識に表していることもありますので、どういうフラグが出ていれば合格する可能性があるのか、または不合格の可能性が高いのかについて知っておいた方がいいでしょう。
合格フラグの代表的なことは、面接の最中で次回の面接予定や入社後の話が出てくることです。
合格にしようか迷っている人や不合格が確定した人にわざわざこのような話をすることがありませんので、先のことについての話が出てきたのであれば、ほぼ合格が確定したと言ってもいいでしょう。
特に中小企業の場合は社長が面接官になることが多いですので、即決することもあるくらいです。
不合格フラグの代表的なことは、過剰に丁寧な対応を受けることです。
丁寧な対応をすることは応募して来てくれた人へのマナーで必要なことですが、その丁寧さが過剰すぎるというのはちょっと気持ち悪さを感じるでしょう。
厳しい対応をした上で不合格にしたのであれば、SNSなどでの悪い書き込みに繋がる可能性がありますので、そういうことが起きないようにきちんと対応をしています。
転職活動を行う上で、過剰な丁寧さを感じるのであれば、縁が無かった可能性があります。

稼げるセールススタッフジョブ
お金が好きな方におススメです。

各種手当なども充実しているので安心!

社会福祉法人慶生会|大阪市東成区でデイサービスの職員として働ける正社員
資格取得支援や通信講座の受講料負担など職員のスキルアップへの支援も積極的にしています。

朝・夕の勤務のため日中は自由に過ごせます
学生や主婦・掛け持ちの方でも働きやすいため、隙間時間を有効に利用して稼ぐことが可能です。

軽自動車で仕事をするため普通自動車免許で働けます

Page Top